色々あったけど気ままにフルマラソンのサブスリーを目指すよ→

マラソンだけじゃなくて日々思ったことをつづるよ〜

【ガーミン】400mインターバル走でまさかの罠?

6月になって夏らしい季節になりましたね。

我が街、神戸の夜はまだまだ肌寒いです。

それがまたいいんですよね〜。涼しい中でいい汗をかけますから(笑)

さて、またまたガーミン記事です。

 

400mインターバル

前回は1000mインターバルを競技場にて計測いたしました。

今回は400mインターバルを7本を実践して改めてガーミンの実力を測りたいと思います。

まずは結果から↓

 

最初のペースはキロ3分53秒を計測し、2本目も同様にキロ3分50秒台で走りました。

ここまではいいのです。ここまでは・・・

よくよく見ると、徐々にペースが落ちているのが分かりますよね?

 

なぜか分かりませんけど、徐々にキロ4分台になっています。

これ私のペースが落ちたのじゃありません。

ガーミンの正確すぎるが故に陥った誤タイムなのです(´;ω;`)

 

競技場での使用ルール(慣習)

私はインターバルをするときは原則として陸上競技場を使用します。

クラブチームの会員でもありますので、週に2回は自由に競技場にて練習が可能です。

もちろんチーム練もあります。

今回の400mインターバル走はチーム練でしたので周りのランナーたちに配慮をして以下のルールで走ることになります。

  • 第1レーンで400mを走る
  • 200mレスト走は第2レーンを走る

以上のことををきちんと守ることになるのですが、レスト走の第2レーンがガーミンにとって曲者でした(汗)

 

ガーミンのGPS

これまで何度かガーミンのGPSについて取り上げました。

ハッキリ言って正確です。1mほどの誤差ならまあ気にしません。

しかし競技場となれば話が変わります。

陸上競技場は1周400mと世間一般で広く知られている距離ではありますが、あくまでも第1レーンが前提となる距離です。

これが第2レーンとなれば、少し距離が開くことになります。

それぞれのレーンをスタート地点から1周しますと

1レーン:400m

2レーン:407m

3レーン:415m

これをガーミンのインターバル設定で計測しますと、とんでもなく誤差が出てきます!

 

400m走り終わって、200mを2レーンで走ると約204mほど・・・

それを繰り返すと徐々に距離が広がって、正しいタイム設定ができなくなります(´;ω;`)

 

これがGPSが正確すぎるが故の罠とも言います・・・

 

対策

今回は誤差が広がりすぎましたけど、原因が分かれば対策は可能です。

レスト走は2レーンを使用すると分かれば、ガーミンの設定に200mを205mに変更すればいいのです。

そうすれば、ほぼ正確なタイムが出てくるはず!これも試さないと分かりませんけどね(笑)

 

色々とガーミンをいじっていると面白いですね^^

今日はこんな感じでした!