色々あったけど気ままにフルマラソンのサブスリーを目指すよ→

マラソンだけじゃなくて日々思ったことをつづるよ〜

2017年福岡国際マラソンは大迫傑が2時間7分10秒の日本人トップ!

今年の福岡国際マラソンはオールスター勢揃いでしたね!

川内優輝選手はもちろん、箱根のスターである大迫傑選手、神野大地選手、設楽啓太選手が出場し見ていて面白いレースでした。

ずっとテレビ中継を観ていて、選手一人ひとりに個性がありましたので全く飽きませんでした! 

 

 

 レースペースが速い

スタートして最初の5kmから大会記録に迫るスプリットが刻み込まれました。

まさかの2時間6分台のペース。

これまでの福岡国際マラソンを観てる限りでは速い部類です。世界のトップランナーたちが集結したからなのかペースメーカーが上手く先導してくれたのか分かりませんが気象条件も良く走りやすい環境だったことは間違いありません。

その時わたしの中では「日本人選手はついていけるのか?」という疑問はありました。

 

スペシャルドリンクの取りこぼし

このレースを観ていて、意外に選手専用のスペシャルドリンクの取りこぼしが目立っていました。

特に序盤はかなりの人数で1位集団が形成されておりましたので、ドリンクが取りづらかったのではないかと。

川内優輝選手、大迫傑選手、神野大地選手も何度かある給水ゾーンで取りこぼしましたしね。

こういった取りこぼしをしたとき選手たちはどう動くか注目していました。

 

中間点(ハーフ)から変わる

ハーフ地点までは余り大きな変化はありませんでしたが、川内優輝選手は案の定(いつもどおり?)集団から遅れ始めました。

しばらくするとレースが動き始めて、次に神野大地が選手が遅れ始め初マラソンの洗礼を受けた感じです。

ここまでペースが速いといつもどおりのマラソンができないのは予想通りです。

その中でただ1人の日本人選手が海外勢についていきながら走っている姿がありました。

そう大迫傑選手です。

30kmすぎて

この距離を通過するとペースメーカーが外れて海外勢が仕掛けてきます。

大迫傑選手は粘って追走!2回目のマラソンでここまでいくのはすごい!

表情に余裕が感じられる!

 

その時点でトップに立っていたカロキ選手がペースを挙げてレースが動く!

しかし、大迫傑はついていく!!

 

大迫傑は諦めない

30kmすぎからフィニッシュまでかなりの見ごたえがありました。

大迫傑選手はこれまでの日本人選手と違い、走り方が海外勢と似ているほどのフォームで表情に余裕が感じられました。

35kmあたりから表情が崩れ始めました。

ロンドン五輪と世界選手権の覇者キプロティク選手と並走して更に粘る。

しかもタイムも申し分ないほどでかなりワクワクしました。

 

ただ更に前にはモーラン選手が1位のまま快走しており、大迫傑選手は2位争いをするほど粘っています。

ここまで来れたら是非とも優勝してほしいと思いましたが、ついていって失速だけは避けたいところ。

40km手前にはキプロティクから離されてしまいましたが、3位死守でしっかりと腕を振る!

あとは日本人選手久々の2時間6分台でフィニッシュできるかどうか。

平和台陸上競技場に入り、タイムとの戦いの末、

 

全体で3位、2時間7分19秒でフィニッシュ!!

 

個人的な感想

今年の2月の東京マラソンでは世界の速さに衝撃を受けて、これから先、日本人選手は2時間9分前後で低迷し続けると思いました。

 

panchorion.hatenablog.com

今日の福岡国際マラソンは大迫傑選手がフルマラソン2度目でサブ10を達成の2時間7分19秒。

海外勢に負けず常にトップ集団に張り付く走りは同じランナーとしてとても興奮しております。

もともと箱根のスターであると同時に3000mと5000mの日本記録保持者ですからスピードに関しては海外勢と同程度の能力があります。 

所属をNIKEオレゴンプロジェクトに移籍してから更なる進化を遂げていて驚きです。

もし日本の実業団にいたら、企業の広告塔として駅伝偏重の走りなっていたかも知れません。

真にマラソン特化の練習と同時に多国籍の選手たちと切磋琢磨した環境が彼を進化させたのでしょう。

これは第3の道ですよ!

 

第1が実業団所属で年に1度マラソンに出るスタイル。

第2は川内優輝選手のような複数大会に出場しレース勘を磨くスタイル。

今回の第3は日本の実業団に所属しないで、最高のトップ選手たちが集結しているチームに所属し結果を出すスタイルが出てきました。

第1と第2はどちらも良いところと悪いところがあり、マラソンのフィニッシュタイムはそれほど向上はしておりませんでした。

 

今回の第3である大迫傑選手が2時間7分台を出したのはある種の衝撃です。

この結果を受けて、日本の選手たちのマラソンに対する考え方が変わるかも知れませんね。

とても面白いレースを見せてくれました。

 

川内優輝がちゃっかり盛り返してた件

日本代表引退を明示してた川内優輝選手ですが、後半から盛り返して日本人選手4位でフィニッシュしていました。

今回はペースが早すぎたということもあって集団から脱落しましたけど、自分のペースを守って前にいる選手を追い抜くのは川内優輝選手のお家芸。

これからも市民ランナーとして活躍してくれることを期待します。

 

今後のマラソン展望

一方で神野大地選手は川内優輝選手に抜き去られてどんな風に感じ取ったのでしょう。

初マラソンの洗礼を受けてこのままではダメだということを学んだと思います。

大迫傑選手が2時間7分台の走りをし、マラソングランドチャンピオンシップの出場権を獲得した今、その他大勢の日本人選手は目の色が変わったかと。

この分だと、来年の東京マラソンは更に面白くなりそうですね。

 

 

(075)東京五輪マラソンで日本がメダルを取るために必要なこ (ポプラ新書)

(075)東京五輪マラソンで日本がメダルを取るために必要なこ (ポプラ新書)