読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色々あったけど気ままにフルマラソンのサブスリーを目指すよ→

マラソンだけじゃなくて日々思ったことをつづるよ〜

【ネタバレなし】映画「アニー」は大スクリーンで見たいほどのミュージカル映画!

アニー(字幕版)

いつもの金曜日は仕事帰りに練習か飲みなんですけど珍しく家で金曜ロードショーを見ました(笑)

ゴールデンウィークで休みが続くと普段の金曜日も過ごし方がガラッと変わっちゃいますからね(^_^;)

 たまたまテレビを付けたらミュージカル映画「アニー」が地上波初放映だそうです。

レンタルビデオ屋で何度か借りようと思いつつもそのまま放置していた始末。

この機会でしたので、最後まで見ました!

 

アニーのイメージ

今まで何度かテレビの方で舞台版のアニーの特集とかで知ってはいましたが、いかんせん舞台のミュージカルは観覧しません。

なぜなら耳が聞こえないのでセリフ自体入りませんので(^_^;)

同じような理由で宝塚歌劇団の舞台も話題にはできません(´;ω;`)

本当はあの素晴らしく壮大な舞台は劇場に足を運んで楽しみたいんですけどね\(^o^)/

話を戻してアニーのストーリーは本当に何も知らないので、映画版「アニー」は先入観なしで視聴いたしました。

 

視聴後の感想

いや〜もうね!見ていて楽しく素晴らしく心が洗われるような感じになりました。

アニーのひたむきな人柄が見る人を楽しませてくれると言ったほうがいいでしょう。

先日見た「ラ・ラ・ランド」も良かったですけど、万人受けするミュージカル映画は「アニー」が一番良かったと思います。

そして何よりも家の40型テレビで見るよりも映画館の大きなスクリーンで大音響を鳴らしながら見るほうが100倍もいいんじゃないかと思える作品でした!

 

出演キャストたち

かなり個性あるキャストが集結した感じです。

アニー役を務めた子は、とても役柄にマッチしてて嫌味のない演技が作品の世界にかなり引き込まれました。

「あぁ〜、あの子と一緒に踊りたいな」って思えるほどにね(^o^)

 

もう1人の主役であるスタックス役を務めたジェイミー・フォックスは役柄的にいい味を出していました。

市長選でアニーを利用することになったわけですけど、アニーと接していくうちに家族がいることがどれだけ心が開かれるか劇中ヒシヒシと伝わりました。

最後のシーンは彼のしたいことが大きく変わったことに感動です!

 

悪役?でアニーの里親であるハニガン役のキャメロン・ディアスは年相応の演技を見せてくれました。

表情も喜怒哀楽が出て、「あ〜悪役だな〜」って感じがたまりませんw

 

残念な点

テレビ初放映でしたけど、金曜ロードショーの2時間枠は当然CMが入るわけなんですよね。

ところところでカットされているだろうというシーンがあって多少の違和感はありました。

素晴らしい作品なんですから映画の尺をすべて使ってほしかったです(´;ω;`)

こればかりはテレビ局の都合上仕方がありませんけどね。(なんでジブリ映画だけは完全版で放送するかの不明ですけどw)

 

レビュー評価は低いらしい

さきほど感想の書かれたサイトを閲覧しましたけど、思いの外に評価は低いみたいです。

ミュージカル映画としての質や舞台版との比較も含めて良くなかったとか。

私は何も先入観なしで見ましたから、そんなに良くないとは思いません。

中身は濃すぎず薄すぎず、作品の世界に入り込めましたので私として良かったです!

 

DVDでも見てみよう

せっかくなので、レンタルビデオ屋にて完全版が収録されているDVDを借りようと思います。

カットされたシーンをきちんと見て、もう1度楽しい世界に浸りたいですwww

 

そんなわけで感想でした\(^o^)/

 

 

アニー(字幕版)

アニー(字幕版)