読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色々あったけど気ままにフルマラソンのサブスリーを目指すよ→

マラソンだけじゃなくて日々思ったことをつづるよ〜

【ネタバレなし】エマ・ワトソン版のディズニー映画「美女と野獣」は正に王道!

美女と野獣 オリジナル・サウンドトラック<英語版[1CD]>

ようやく日本版が公開いたしましたね。

何度か映画館に行くと勝手に見たいと思わない広告を見せつけられますので、自然に「美女と野獣」が気になってしまうよう洗脳されました。

もともと見るつもりもなんともなかったのに見てしまうって悲しい性です・・・

 ひとまず私の感想としては正に「王道のディズニー映画」を堪能できたな〜というのが的を射てるのではないかと思っています。

 

 

ディズニー映画として

ディズニー映画ってある特徴があります。

それは劇中に歌って踊るシーンが必ずあることです。

「美女と野獣」でも当然あるわけでして、期待を裏切らない演出なのが良かったです。

アニメーション版を見た方にとっても、実写版はすんなり溶け込めるようにできていますので初っ端から「ディズニー映画やん!」って感じられます。

 

ファンタジー系なのだけど

「美女と野獣」の実写版は今回がはじめてです。

それまでディズニー以外の会社が同作品を手がけていたようですが、視聴したことはありません。

なんていうか余り見たいと思わないんですよね・・・

ファンタジー系って私はどっちかというと苦手な方でして、勧善懲悪がある程度ハッキリしてると最後のラストシーンは良い形に必ず終わるってのが分かってしまうからです。

ハリー・ポッターシリーズでも最初の頃は見ていましたけど、回を追うごとに面倒くさくなって段々と結論が分かってしまうと見たくなくなります\(^o^)/

そのハリーポッターシリーズでヒロインを務めたハーマイオニー役のエマ・ワトソンが今回の「美女と野獣」のヒロインなんですけどねwww

 

エマ・ワトソンの演技

ベルを扮するエマ・ワトソンは役柄にピッタリでした。

人柄・強気な性格が正に劇の中でマッチ!

野獣に対して臆しない行動をとることをディズニーは求めていたのでしょう。

違和感なく作品に溶け込めたのはハリー・ポッターシリーズで培った経験の賜物です。

そして何よりも可愛らしい感じが惹きつけられます。

 

音楽

劇中に出ていた音楽は、とても楽しかったです。

ベル視点でのミュージカル

野獣側のミュージカル

悪役側のミュージカル

 

自分の思いを歌って踊って体現するのはある種の憧れがあります。

私も誰もいない道路で声を出して踊ってみたいですww

 

なお劇中で良かったのは王道ですけど「美女と野獣」が良かったです。

 


「美女と野獣」アリアナ・グランデ&ジョン・レジェンド ミュージック・ビデオ

 

なんて美しく踊っているんだろうってね。

 

個人的に気に入った点 

ベルと野獣の掛け合いで、本の話が出てきます。

個人的にこのシーンだけはガチで心がホカホカしましたww

ベルは元々本が好きなタイプなので、城に保管されてるたくさんの本に目をキラキラさせます。

野獣はもちろん自分の城ですから昔から教養の一環として本を読んでいたのは言うまでもありません。

そんな2人が共通の話題を話しているシーンが、恋につながると思うとドキドキしますww

 

私は思いました。

 

共通の話題を話せる女性と出会いたい←

 

そんなわけで「美女と野獣」でした\(^o^)/