色々あったけど気ままにフルマラソンのサブスリーを目指すよ→

マラソンだけじゃなくて日々思ったことをつづるよ〜

ずっと同じ美容師さんに担当してもらってるけど珍しいことかな。

4月になって早11日。

神戸の街は強い風と雨が降ってキレイに咲いていた桜がキレイに散りましたとさ。

今年はいつもより遅咲きなので、ゆっくりと楽しもうにも楽しめませんね・・・

さて、今日は美容師さんの話をしようとおもいます。

 

美容師Kさん

いま私が通っている美容院には担当の美容師さんがついております。

その人に切ってもらって早14年

振り返ると長いこと同じ人に切ってもらってるな〜と。

その美容師さんをKさんとします。

 

Kさんとの出会い

成人式を控えた前日、そろそろ髪を切りに行こうと思っていたときのこと。

少しカッコよく決めたいと思い、町の散髪屋じゃなくてオシャレな美容院で切ってもらおうと背伸びをしていました。

当時、大学生だった私は地味な印象を打破したく、そしてモテたくてファッション雑誌に出ているモデルの写真をにらめっこしながら悩んだりしていました。

ただ悩んだのはいいんですけど、美容院に入る勇気がありませんでしたwww

耳が不自由ですから、店員さんと話すのがとてもハードルが高かったです。

どこの美容院にしたらいいのか分からなく、とりあえず目に入った良さそうな美容院にしました。

 

自分の耳がまだ少しだけ聞こえていたときでしたけど、受付の人との会話が噛み合わなかったことを覚えています。

なんとか受付を済ませて、髪を洗髪してもらうのですがここでは補聴器を外すことになりますので髪を洗っている人の話し声は全く聞こえません。

おそらくですが愛想の良くない客として認識されたのではないでしょうか\(^o^)/

その美容院は多分聞こえない人を対応するのは初めてだったと思います。

洗髪後は鏡のあるところへ移動し、ようやくカットに入ります。

そこでやってきたのがKさんです。

 

Kさんとのやりとり

その時にKさんが「今日はどうされますか??」と言われたときは焦りました。

慌てて補聴器をつけて、もう一度聞き返したときは恥ずかしかったです。

まだ若干の中二病が残っていましたからw

 

はじめての美容院、はじめての美容師さん

どういうヘアスタイルにするかを勇気をもって

「少しソフトモヒカン風にしたベリーショートでお願いします。」

「イメージとしてはベッカム風で」

と伝えました。

 

そしたらKさんは笑顔で「分かりました!」と応えてくれたのが印象的でした。

カット中は補聴器を外しておりますので、美容院で定番の会話はありません。

むしろ私は何も考えずボーーーーーっとしているだけです。

Kさんも最初は私に何か話をしてくれてたみたいですけど、補聴器の存在に気づいたのか察して無言でカットしてくれました。

 

私はそれがとても居心地が良かったのです。

 

気分を良くした私は2回目も来店をし、またまたKさんが切ってもらうことになり同様の対応をしてくれています。

それでまた3回目、4回目・・・と気づいたら今に至ります。

Kさんとの14年

まさか成人式前日から今日までの14年間、ずっと同じ美容師さんに切ってもらうとは想像はできませんでした。

でも、私の中では他の美容院、他の美容師さんに切ってもらうという選択肢はありません。

なぜなら、Kさんは私の髪質とカットしやすいポイントなどを細かく熟知しているからです。

以前、Kさん以外の人にカットしてもらったことがあります。

その時は無言で対応してもらっておりましたけど、私という客との会話がないためか切っていいポイントが分からなく四苦八苦していた様子でした。

カットが終わった後の鏡を見てみると多少の違和感はありました。

言葉では説明しづらいですが、Kさんのそれとは違う感じだったです。

それ以来、来店する際は必ずKさんに指名し続けています。

それに他の店であれば一からやり直して私という聞こえない人間を理解してもらうコストがかかります。

そうなってしまえば他店の美容師さんは気を使いますし、私自身もしんどいです。

 

その14年のうちKさんが他店へ異動したときでも私はKさんを追っかけて髪を切ってもらっています。

それほど技術的な信頼があるのはもちろん、私という人間を理解してくれているほうが安心なのです。

 

とあるブログを見たら

今日、なんでこれを書いたのかと言いますと以下のブログ記事を読んだからです。

www.uebouebo.net

このブログではお気に入りの美容師さんが勝手に髪を切る長さを変えたことが書かれています。

私は「そんなことってあるんやな〜」と驚きを隠せませんでした。

 

客の要望に応えるのが普通と思っているのですけど、勝手に要望と違うことされるって嫌な気持ちになるよな〜と思いました。

そりゃずっと担当してもらった美容師さんにそんなことされたらショックですよ(´;ω;`)

その美容師さんはどんな気持ちでカットしたのだろうか・・・長い付き合いだから分かってくれると思っていたのだろうか・・・

要望と違うことをするのであれば、客に一言断ってもいいと思うのです・・・

立場を入れ替えて、もしも14年担当してもらったKさんが私にそんなことをしたら、私もとても嫌な気持ちになります。

そういう意味で、このブログ主さんの気持ちはよく分かります。

 

Kさんの人柄

Kさんは私が来店をしたとき、笑顔で応えてくれます。

必ず「今日はどうされますか?」って開口一番に聞いてくれます。

私は「いつもどおりで!」

これだけでコミュニケーションが成り立つ関係です

マッサージを変わるときでも必ず「この方に変わりますね〜」とジェスチャーを用いて接客してくれています。

それだけでも私は安心できるからKさんのいる美容院に通っているのでしょう。

 

私から見たらKさんはリーダーシップが取れる人です。

同僚の美容師たちからの信頼も厚いです。

以前の店では店長をされておりましたので、接客の基本は十分に理解しています。

私はそういう人に担当してもらっているってとても幸運なのかも知れません。

 

そんな話でした。