読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色々あったけど気ままにフルマラソンのサブスリーを目指すよ→

マラソンだけじゃなくて日々思ったことをつづるよ〜

ニューヒロイン登場!安藤友香が日本人トップで代表内定!!名古屋ウィメンズマラソン2017

マラソン レース

 

女子マラソン世界選手権代表選考レース

名古屋ウィメンズマラソンの記事をアップします。

 

最初に断っておきます!

男子と違って女子はコレ!といった

実力あるランナーが余り見当たらなく詳しくありません。

 

 目次

 

現役で知っている女子選手

福士加代子選手、重友梨佐選手、吉田香織選手くらいです(^_^;)

 

その吉田香織選手がまたまた選考レースに出場されております。

 

昨年の北海道マラソンで優勝しましたので

選考レースの基準は満たしているのですが、

いかんせん選考の優先順位は下なわけなのですね。

 

それで主要の3大会

  • さいたま国際マラソン
  • 大阪国際女子マラソン
  • 名古屋ウィメンズマラソン

 

すべて出場されております。

 

 

皆勤賞ものですよ(^_^;)

 

 

レース展開

序盤からリオ五輪銀メダリストのE・キルワ選手が

ペースメーカーに引っ張られるかのように走っています。

その後ろには清田真央選手が果敢についていって

虎視眈々に日本人トップを狙っています。

 

更にその後ろを見ると・・・

 

あれ?

10km通過する前から集団がばらけてしまってます・・・

 

ペースが早すぎたのでしょうか。

 

 

先日の大阪国際女子マラソンで重友梨佐選手が

我慢のレースで優勝をしましたので

それに倣って、後半のネガティブスプリットで一気に逆転する戦略なのでしょう。

 

 

いきなりこんな展開でいいのか微妙なところです。

 

 

それでも清田真央選手はトップグループについていき

苦しいながらも自分の走りを守っています。

 

しかし20kmあたりで脱落してしまいました。

脱落というよりも自分のペースを守ることを選択したのではないでしょうか。

 

 

その時点での日本人トップは安藤友香選手に代わりました。

No108のゼッケンで一般出場のようです。

 

E・キルワ選手と並走してナゴヤドームを目指しています。

 

 

タイム的には早い方です。

 

E・キルワ選手は別として

安藤友香選手はどこまでついていけるかが鍵です。

どうやら初マラソンですので、30kmすぎから脱落することも考えられます。

 

そうなれば第2集団にいた日本人選手が

這い上がってきてもおかしくありません。

 

 

安藤友香選手の表情とフォームを見る限りでは

小刻みな忍者のような走りです。

無駄に体力を消費させないように効率的に走っています。

※あとで調べてみたら乙女走りだそうで(^_^;)

理にかなった?乙女走りでリオ五輪へ/スポーツ/デイリースポーツ online

 

 

27kmすぎあたりにE・キルワ選手が揺さぶりにかけてきたのか

ペースを少し早めたかのように見えます。

 

と思ったら27km-28kmのラップタイムが

 

3分16秒!

 

レースが動き始めました!

 

安藤友香選手はコバンザメのようにひたすら背中を追い求めます。

 

ここからがレースの見どころです!

 

安藤友香選手はとにかく我慢です。

 

初マラソンなので体力的な不安はありますが

精神力が試されます。

 

 

30kmを通過

 

タイムは1時間40分41秒

 

大会記録を更新する勢いです!

 

 

E・キルワ選手はいつでもスパートをかけられます。

それとも序盤のペースが速すぎたが故でかけられないのか? 

それでも食らいつく安藤友香選手!!

 

 

33kmあたりから上り坂が続きます。

安藤友香選手の顔が歪んできました。

 

徐々に離されていきます。

 

けれども食らいつく!

 

トップレベルの選手相手にここまで走れるなんて

とても強い精神力です!

 

初マラソンでここまで走れたら上出来です!!

 

 

 

37kmあたりでE・キルワ選手がスパートかけ始めました。

 

ほぼ優勝は当確でしょう。

 

あとは安藤友香選手が日本人トップを維持するために

日本人2位選手との差をどれだけ開くことができたかになります。

 

 

38kmあたりになって

安藤友香選手の息遣いが確認できるようになりました。

 

身体が悲鳴を上げてきた証拠です。

初マラソンの洗礼です。

 

私としてはとにかく粘ってペースを維持してほしい。

 

E・キルワ選手との差はそこまで広がっていません。

 

派遣設定記録である

2時間22分30秒以内でのフィニッシュも目の前です!

 

 

 

 

終盤41kmすぎ

まだ1号車に安藤友香選手は映っています!!

 

サングラスを頭にかけた!!

 

そうだ!

 

ここからが踏ん張り時!!

 

 

 

画面上、まだ離されていません!

 

 

大会記録を目指すE・キルワ選手!

 

 

猛追する安藤友香選手!!

 

 

 

頑張れ!

 

頑張れ〜〜〜!!!

 

 

 

 

 

E・キルワ選手が

2時間21分17秒の大会記録で3連覇達成!!

 

 

 

その後ろには安藤友香選手が見えています。

 

 

必死の表情で

 

いまフィニッシュ!!

 タイムは

 

2時間21分36秒!!!

 

坂本直子選手の初マラソン記録2時間21分51秒を更新しました!

 

そして同時に

世界選手権の代表内定です!!!!!!

 

 

遅れて清田真央選手が2時間23分47秒フィニッシュ!

 

 

 

戦評

いやぁ〜かなりワクワクしたレース展開でした!

 

序盤からのハイペースで日本人選手のほとんどが

ついていけない中、

 

スズキ浜松アスリートクラブの

安藤友香選手と清田真央選手の2人だけが

E・キルワ選手についていきました。

 

清田真央選手が先に脱落してハラハラしましたけど

安藤友香選手は初挑戦ということもあってか

攻めの走りがハッキリと分かりました。

 

結果として派遣設定記録でフィニッシュできましたので

文句なしの代表内定です!!

 

東京オリンピックが楽しみになりましたね^^

 

清田真央選手は早々に脱落したとはいえ

23分台でフィニッシュです。

 

自分の判断で「ついていかない」選択をしましたのが

逆に良かったのでしょう。

 

レースマネジメントがしっかりできています。

 

ほぼ代表当確じゃないでしょうか。

 

その点については、男子マラソン同様に

女子マラソンの代表選考の記事をアップしますね〜。

 

あ〜満足したレースでした。

 

【追記】女子マラソン選考をアップしました

 

panchorion.hatenablog.com

 

 

夢はかなう (幻冬舎文庫)

夢はかなう (幻冬舎文庫)

 

 

 

高橋尚子夢はきっとかなう

高橋尚子夢はきっとかなう